有限会社ナカケイ

新築・分譲住宅なら|有限会社ナカケイ

  • お問い合わせ
  • 受付時間:9:00~18:00 水曜定休
    0120-293-660
concept

ナカケイの強み

当社では建物自由設計の、注文式分譲住宅もご用意させて頂いております。
当社一級建築士がご要望などをお聞きしながら、間取り図を作成させて頂きます。

もちろん間取りだけでなく、内・外装や設備類などの細部に至るまでご希望を取り入れ、こだわりの建物を建築して頂く事も出来ます。
また、土地からの購入でなく、建物建築のみをお考えの方も是非ご相談下さい。

断熱工法には 【外張り断熱工法】を採用しています。

充填断熱工法では壁内のコンセントBOXや配管、柱を固定する金物等が障害物となり隙間なく均一に施工することが困難となりますが、外張り断熱工法は柱の外側から硬質の断熱材で覆う工法のため、非常に隙間が少なく精度の高い施工が可能となります。

【外張り断熱工法】

躯体内側の、柱と柱の間に断熱材を充填していく工法ではなく躯体外側から、硬質の断熱材で、建物全体をすっぽりと覆っていく工法です。

壁面温度がほぼ一定のため、壁内も室内に近い環境となります。
室内との温度差が少なくなる事は、壁内結露の可能性が減少、建物の耐久性向上につながります。

外張り断熱工法では、充填工法では断熱できない、柱や梁などの外壁に面する構造材の部分も断熱する事が可能です。
また金物部分や、コンセント部分などの干渉を受ける事もないため非常に隙間の少ない、高精度な施工ができる事が大きな特徴です。

全ての窓に 【断熱構造サッシ】 を採用しています。

断熱構造サッシ枠+アルゴンガス入り断熱ガラスの組み合わせで、室内への熱の出入りを抑えます。
断熱サッシは冷暖房の効率を高め光熱費を削減するとともに、冬場の結露発生を防ぎます。

アルミ&樹脂のハイブリッド窓 <LIXIL社 SAMOS X>

室内側を樹脂構造に、更に熱伝導率の高いアルミの露出面を小さく、逆に熱を通しにくいガラス面積を大きくし、採光性を向上させつつ最高水準の断熱性能を発揮します。

窓の断熱が住まいの省エネの要です
熱の出入りが 最も多いのは、窓やドアなどの開口部。
夏の冷房時には約7割の熱が開口部から流入、冬の暖房時は約5割が流出します。冬を暖かく過ごすには、開口部から逃げる熱をふせぐ開口部断熱が特に重要です。

地震対策として、床下に減震装置を組み込んだ 【減震構造住宅】 です。

【耐震】(揺れに耐える構造)+【減震】(揺れを減らす構造)で大地震の揺れを、約半分程度まで減少させ、建物の倒壊はもちろん、躯体の損傷や、家具、家電製品等の転倒も軽減する構造となっています。

 

 

【Wブレーキとは】

地震の揺れで上下の凸部が乗り上げると、
集中荷重ににより大きな応力が発生して「歪摩擦」が生じます。
これと平坦部の「静止摩擦」がダブルのブレーキとなって、減震効果が高まります。

Contact

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ・ご連絡ください